2016年07月11日

部下の仕事にもいい影要があるのです

 前回、どんな仕事も次の展開を明確にイメージすることで、質や精度が上がるという話をしました。イメージをしてそれを伝えることは、自分の仕事だけでなく、チームの仕事、部下の仕事にもいい影要があるのです。

 自殺者の数は他人事ではありません。もしも自分が弱い立ち場になったときにも、安心して生きていける世の中であるかどうかを示しているのです。 頼っていい。弱音を吐いていいのです。ぜひ活用して効率的にお金を貯めていきましょう。
1a.jpg
posted by seesaa-ita16 at 11:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

今までの会社ではそのために働いていたような感じで…

1.jpg
張さんも、これからの留学とインターン、新しい環境に身を置くことは大変だけど、いい経験が期待できそうですね。いいですね〜!日本での就労経験が5年以上ないと採用条件をクリアできないので、今までの会社ではそのために働いていたような感じで…(笑)。

しかも、経験がある職だと給料が高いということだったので、海外でやりたかったIT関連の企業に勤めました。計画を立てて、l個ずつクリアしていったんですね。けっこう激務だったんですけどね〜。
posted by seesaa-ita16 at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

こりゃ驚いた・・・中国人が語る「驚きを禁じ得ない日本のサービス」

 日本人にとっては当たり前のことでも、外国人から見ると「驚き」ということは数多く存在するだろう。その逆も然りだが、日本を訪れる中国人旅行客が増えるなか、多くの中国人が日本の独特さに驚きを感じているようだ。

 中国メディアの青網はこのほど、多くの中国人が日本で「驚くこと」を紹介する記事を掲載。日本の「悪い点」に対して驚きを感じているのではなく、むしろ優れたサービスなどについて驚きを禁じ得ないということのようだ。

 記事はまず、日本の宅配サービスの「再配達」を上げ、日本のサービス業が「極致」と呼ばれる所以が再配達に現れていると指摘。日本で宅配サービスを行っている複数の業者のいずれもが再配達を行っていることを指摘し、「わざわざ不在票を入れ、配達スタッフに連絡を取れば指定した時間に配達してもらえる」と紹介し、その周到ぶりを称賛した。

 続けて、日本の自動販売機はどこにでもあるうえに「販売されているものの種類も豊富」と指摘。一般的な飲み物だけでなく、野菜の自動販売機や各種グッズの自動販売機もあると指摘し、驚きを示した。ちなみに中国の街中にはほとんど自動販売機は存在しない。理由はもちろん商品やお金を盗まれるからだ。また、日本のコンビニのサービスもすばらしいと称賛し、商品を販売するだけでなく、各種チケットの購入や公共料金の支払いも可能であると紹介し、その利便性を伝えた。
posted by seesaa-ita16 at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする